ラブサーチで10倍返信をもらえるプロフィールの書き方

ラブサーチで10倍返信をもらえるプロフィールの書き方 ラブサーチの特徴

女性からなかなか返信がもらえない人「女性から返信がなかなかもらえない。どうしたら返信がもらえるようになるの?もしかして、プロフィール内容が悪いのかなぁ?」

こんな疑問を抱いている男性にお答えします。

結論からいいますが、女性から返信がもらえないのは「あなたのプロフィールに魅力がない」からです。

私は2003年から出会い系を利用しています。

ここ数年の実績は年に5~10名程度の女性と出会っています。

その中でも最終的には3~4名の女性とセックスしています。

姉妹サイトですが、活動報告を公開してますから参考にしてください。

https://zero-deai.com/

こんな私が女性からメッセージの返信がもらえない原因の1つであるプロフィールの書き方に関して説明したいと思います。

プロフィール作成3つのコツ

プロフィール作成3つのコツ

画像作品:ラグジュTV「九条あやか

プロフィールは女性に自分を知ってもらう上で非常に重要であることは言うまでもありません。

相手の情報はゼロの状態から始まりますから、最初に目にするプロフィールや写真は非常に重要です。

あなただって、女性を選ぶ際にプロフィール内容を重要視してますよねぇ?

写真、年齢、身長、体重、住まい、趣味、自己紹介など...

男性であれば、容姿や年齢などを気にする傾向が強いですが、女性はそれに加えて、趣味や自己紹介も重要視しています。

女性の気を引くプロフィールの書き方のコツを3つほど説明します。

  • コツ①:自己紹介はダメ!自己PRを書く
  • コツ②:女性に興味がありそうな趣味を書く
  • コツ③:女性へのメリットを書く

コツ①:自己紹介はダメ!自己PRを書く

自己紹介と自己PRの違いって分かるでしょうか?

同じようなニュアンスですが、発信力が異なります。

説明は難しいのですが、例えていうなら、自己紹介は保守的、自己PRは積極的、ってことです。

つまり、自己紹介はこれまでの事実のみを淡々と書くだけ。

それに対して、自己PRはこれまでの事実はもちろん書きますが、それを踏まえて、将来の展望まで書くのです。

PRとは「Public Relations」の略で、相手との良い関係を築き上げる意味があります。

自己紹介では、読んだ女性の心理は「はい、そうですか...で?」となります。

自己PRは、あなたの人となりはもちろん、将来の展望まで書くことにより、自分(女性)との関係をイメージさせてくれますから女性の印象に残ります。

女性に伝えたいことを要点的にまとめ、できるだけ具体的に女性にイメージしてもらえるように心がけて書くとよいです。

コツ②:女性に興味がありそうな趣味を書く

自己PRに趣味を書くことは悪くありませんから積極的に書い問題ありません。

しかし、自分が興味があることだけ書いてはいけません。

ありがちなのが、車、格闘技、ゲーム、アニメ、など、これらに興味のある男性は多いと思います。

しかし、これらは女性にとっては興味がないものばかりですよね?

もちろん、中にはこれらに興味を持っている女性もいますが、圧倒的にい少数派であるのは明らかです。

どうしても、同じ趣味を持った女性を探したいのであれば、ダメとはいいません。

しかし、さほどこだわりがなければ、このような趣味の話題は避けるほうがよいです。

女性も興味がありそうな話題って何でしょう?

無難なところでは、旅行、食べ歩き、映画、などが定番でしょうか。

これらを趣味として書けば女性から共感を得ることができると思います。

さらに重要なのは、ただ「好きです」だけではなく、具体的まエピソードや将来一緒に同じ趣味をするイメージを作ってもらえるような内容で書くとよいです。

コツ③:女性へのメリットを書く

先の①と②に非常に強い関連がありますが、女性に「この人と出会って付き合ったらどんなデートに連れてってくれるのかな?」というイメージをしてもらえるようにアピールすることが大切です。

つまり、あなたと付き合うことによるメリットを女性に伝えることです。

あなたも、女性のプロフィールを見ているときに、無意識にその女性とのデートやセックスをイメージしているはずです。

イメージできない、あるいは、悪いイメージしか持てない場合はスルーしているはずです。

逆に「この女性とのデートは楽しそう!」や「この女性はオッパイ大きそう!スタイルよさそう!」などとイメージできると申し込みメッセージを送信するはずです。

あなたからの申し込みメッセージを読んで、女性も全く同様な思考であなたのプロフィールを見ているのです。

是非、女性に対するメリットを書くようにしてください。

以上、3つのコツを説明しました。

次に、これらのコツを踏まえて、モテるプロフィールのポイントを説明します。

自分の性格は悪いところも書く

自分の性格は悪いところも書く

「自分の性格」に関してはどのように書けばよいか?考えてみましょう。

ラブサーチにはコミュニティやブログの機能がありますが、自分の性格について「参加しているコミュニティを見れば私の性格など分かると思います」や、「詳細はブログを読んでください」などと書く男性って非常に多いです。

確かにプロフィールの文字数には制限がありますから(1000文字以内:2018年11月現在)
ブログやコミュニティでの発言を参照すれば詳細が分かるかもしれません。

しかし、見させるのは相手にとって手間ですし、女性にしてみたら「めんどくさぁ...」ってなるわけです。

よほどの興味を持ってもらえない限り、いちいちブログやコミュニティでの発言など見てくれません。

女性は日々大量の申し込みメールを受け取ってるわけですから、手抜きしていると即座に見破られます。

手間を惜しまずにプロフィールに自分の性格は要点をまとめて書きましょう。

そして、自分の良いところはもちろん、悪いところも書くと説得力を増します。

いうまでもありませんが、悪いこところといっても、引かれるような内容はダメです。

ポジティブな部分は明確にアピールして、ネガティブな部分はそれとなく書いて、ポジティブなあなたを印象づけるようにするとよいです。

モテるプロフィールは生活パターンと写真でアピールする

モテるプロフィールは生活パターンと写真でアピールする

続いて「自分の見た目」についてはどう書くべきでしょうか?

ありがちなのが「実年齢より若く見えます」や「同世代の男性より体型キープしています」などです。

このような内容は、女性のプロフィールには非常に多いのですが、男性の場合はこのようなアピールは自ら書かないほうがよいです。

ほとんどの女性はこのような内容をポジティブには受け取ってくれません。

自慢とも思われる場合もあり、どちらかといえばネガティブに思われる場合のほうが多いようです。

容姿に関しては、直接的な表現ではなく間接的な内容で伝えたほうが伝わりやすいです。

例えば「週に1~2回のジム通いを3年続けてます」のような内容です。

これで、体型を維持するために努力していることが十分に伝わりますし、ポジティブな印象を持ってもらえます。

また、実年齢よりも若く見られるのであれば、実際の写真を掲載すれば十分で、プロフィール内で改めていう必要はありません。

ちなみに、男女共に「実年齢より若く見えます」と書いている人ほど実際に会ってみると「そうでもないなぁ」って思うことがほとんどです...

「登録したばかりで使い方が良く分かりませんが...」と書くのはNG

「登録したばかりで使い方が良く分かりませんが...」と書くのはNG

女性のプロフィールで良く見かけるのが「登録したばかりで使い方が良く分かりませんが...」のフレーズです。

このような内容を男性でも書いている人がいますが、あまり良いイメージを与えません。

一般的には「男性=操作や機械に強い」というイメージを持たれています。

プロフィールはあくまでも自己PRの場所なので、このような言い訳とも取れる内容は「頼りない、頭が悪い」のようなネガティブなイメージを持たれてしまいます。

本当に使い方が分からなければラブサーチのサポートが親切に教えてくれますから問い合わせてください。

もっとも、使い方が分からないような複雑な構成ではありませんので心配する必要はありません。

参考:ラブサーチの機能説明の記事一覧

ラブサーチの機能に関する記事一覧【使いこなして10倍出会う】
ラブサーチの機能を使いこなせると出会いの確率が上がります。マメな男性ほど成果が出やすいです!

仕事に対するやりがいを書く

仕事に対するやりがいを書く

女性は男性の「職業」に関しても非常に関心を持っています。

弁護士、医師などの先生と呼ばれる職業や、誰もが知っている大手商社、メーカー、外資系等も人気のある職業です。

もし、あなたがこれらの職業をしているのであればしっかりアピールするべきです。

そのとき、決して自慢と感じられないようにアピールすことが重要です。

「弁護士やってます」「外科医してます」「大手メーカーで働いています」だけではダメです。

仕事に対するやりがいや、がんばっていることなどの具体的なことを書くと女性にイメージしてもらいやすくなります。

もちろん、人気職業ではない男性も、やりがいや、がんばっていることを伝えてください。

今も昔も、自分の仕事に誇りを持ち、やりがいを持っている男性はモテます。

登録した理由でダメ男感を出さない

登録した理由でダメ男感を出さない

ラブサーチに登録した理由を書く場合は「ダメ男」「モテない男」のようなイメージを与えないように注意が必要です。

「なかなか出会いがないので登録しました」のような内容を書く男性(女性も)は多いと思いますが、「この人、モテないのかな?」と思われる場合もあり、決してよい表現ではありません。

登録した理由を書くのであれば「普段では出会えないような女性と出会いたくて...」や「別の業界の女性とお話してみたくて...」のようなポジティブな内容にすると良い印象を持ってもらえます。

また、過度な謙遜も要注意です。

「容姿に自信ありませんが...」「口下手ですが...」「積極的ではありませんが...」

女性は、このような内容を書く男性に、返信してみようとは思いません。

ちなみに、女性プロフィールのフレーズで「癒し系です...」や「笑顔が良いねって言われます...」のような内容をよく見かけますが、高確率で美人ではありません。

ラブサーチは真面目に恋人や結婚相手を探している男女も多く登録しています。

登録した理由に「末永く付き合える人を探しています」や「結婚を考えられるような出会いを探しています」とズバリ書くのは問題ありません。

しかし、変な顔文字や「笑」を一緒に付け加えてしまう場合がありますが、これはNGです。

ガツガツ感を出したくないとか、照れ隠しの気持ちも分かりますが、真剣さをアピールするフレーズでは変な絵文字は付けない方がよいです。

真剣さが伝わらないどころか「軽い人」って思われてしまう場合もあります。

「趣味」はより具体的に書くこと

「趣味」はより具体的に書くこと

冒頭で説明した「プロフィール作成3つのコツ」では、女性に興味がありそうな趣味を書くことを説明しました。

さらに、できるだけ具体的な内容まで書くようにしましょう。

共通な趣味を通じて「会ってみましょう」となる場合は非常に多いため、具体的な内容を書くことで出会える確率が高まります。

例えば、

  • 映画なら、実際に観た内容でどう感じたか
  • 旅行なら、旅先でのエピソード
  • グルメなら、おすすめなものや店

このように、より具体的に書くことで、あなたと付き合った場合のイメージを女性に伝えることができます。

おさらい

おさらい

プロフィールは女性への最初のアピールできる場であり非常に重要です。

プロフィールの良し悪しで出会える確率が大きく変わります。

説明した内容で共通していることは2つです。

  • 女性にネガティブなイメージを与えない
  • より具体的な内容を伝える

このポイントを意識しながら限られた文字数で十分に自分をアピールしてください。

女性は男性以上にプロフィール内容をよ~く見ています。