【断言します】大切なことは「質」より「量」である【異論はOK】

【断言します】大切なことは「質」より「量」である【異論はOK】 ラブサーチの評判

出会い系で女性と出会いたい人「出会い系で女性と出会いたけど、なかなか成果が出ない。利用し始めて1ヵ月だけどメッセージの返信すらもらえない。どうしたら出会えるの?」

こういった疑問に答えます。

私は2003年からラブサーチを利用し始めました。

ラブサーチ以外にもハッピーメール等のメジャーなポイント制出会い系も並行して利用しています。

波はありますが、平均して年に5~10名程度の女性と実際に出会えています。

もちろん、1回だけ会っておしまい、つまり、ハズレの場合もありますし、逆にフラれることだって少なくありません。

最終的にセックスまでできる人数は年に3~4名程度でしょうか。

高スペック男性ならもっと成果を出せているかもしれません。

私のスペックはごくごく普通、しかも、もう若くはありません。

ちなみに40代半ばのおじさんです...

こんな私が出会い系で年に3~4名の女性とセックスできている実績は、まぁまぁではないでしょうか。

もちろん、もっとたくさんの女性と出会ってセックスしまくりたいですが、現時点ではこれが私の実力です。

これ以上成果を上げたいのですが、簡単ではありません。

あと、10年若ければ打つ手はあるかもしれませんが、年齢には勝てません。

ネット上には出会い系を紹介している情報サイトが多く存在しています。

体験談を載せている情報サイトは非常に多いですが、そのほとんどは作り話ですから全てを信じてはいけません。

その証拠に、クラウドソーシング大手のクラウドワークスランサーズなどで出会い系の体験談記事作成の依頼をよく見かけます。

詳しくは姉妹サイトの「ウソだ!優良出会い系の評価評判を信じるな!」参照ください。

ウソだ!優良出会い系の評価評判を信じるな!
出会い系評価評判口コミサイトはウソばかり!良いことしか言いません。優良出会い系評価サイトはたくさん存在しますが、それらのサイトで述べられていることはほとんどはウソです。良いことしか紹介してませんので決して全てを信じてはいけません。

もっとも、2018年3月14日のgoogle恋愛アップデートによって、出会い系体験談記事の評価が下がり多くの出会い系情報サイトが圏外へ飛ばされた経緯があります。

おそらくですが、今後は体験談系の情報サイトは検索上位にするのは厳しくなると思われます。

また、出会い系利用者の口コミを掲載している情報サイトも少なくありません。

こちらもねつ造の場合も少なくありませんが、リアルな口コミを掲載しているサイトも存在します。

Yahoo!知恵袋などは良い例で、ほとんどの口コミが「出会えませんでした」系の内容です。

このような口コミを見ると、いつも思いますが、成果を出したいのなら「圧倒的に努力すべき」と思います。

努力にはいろいろありますが、出会い系で成果を出すのであれば、工数(時間)を費やすことが成功への大きな要因となります。

つまり、より多くの女性に対して申し込みメッセージを送っていますか?ってことです。

昔から「量より質」という考え方もありますが、もちろん質も重要です。

しかし、まずは量をこなさないことには、質を高めることもできない訳です。

最初から女性を引き付ける文才があればこの限りではありませんが、そうでなければ圧倒的なメッセージ送信量が女性からの返信をもらう近道だと思います(断言します)

なぜ出会い系で成果を出すためには、質よりも量が必要なのか?その理由を解説しつつ、量を継続するテクニックも解説しようと思います。

努力で大切なことは「質」より「量」です【初心者は特に】

努力で大切なことは「質」より「量」です【初心者は特に】

画像作品:ラグジュTV「杉浦恵美

出会い系で女性から返信をもらうには、どう考えても大量の申し込みメッセージを送信するという作業は必須です。

その理由はいくつかあり、以下の通りです。

  • 理由①:成果を出している人は、例外なく多くの努力(作業)をしている
  • 理由②:多くの作業量を継続すると自然と質も高まる
  • 理由③:最初から質の高い作業はできない(天才除く)

それぞれ説明します。

理由①:成果を出している人は、例外なく多くの努力(作業)をしている

普通に考えれば当たり前だと気付くはずです。

要は女性から返信をもらうのは、確率論の側面がありますから分母が多ければその分返信をもらえる確率は上がるという単純な理屈です。

出会い系に限らず、世の中で成果を出している人は、そうでない人に比べて圧倒的な作業量をこなしています。

数人の女性に申し込みメッセージを送ったところで返信などもらえないのは当たり前です。

少なくとも1回の作業活動で、20人とか30人へメッセージ送信が必要でして、しかも完全コピペはNGです。

さらに、コンスタントに継続することが必要です。

こうすることで成果が出てきます。

これは、データでも語られています。

分野は異なりますが、バイオリニストのトッププレイヤーは、20歳の時点で「練習時間が1万時間に到達」しているようです。

以下は「天才! 成功する人々の法則」より引用です。

調査は、一流の音楽学校に入る学生がトップになれるかなれないかを分けるのは、「熱心に努力するかどうか」によることを示していた。さらに重要なことに、頂点に立つ人物は他の人より少しか、ときどき熱心に取り組んできたのではない。圧倒的にたくさんの努力を重ねている。

理由②:多くの作業量を継続すると自然と質も高まる

私は、継続して出会い系を利用して日々女性に申し込みメッセージを送信していますが、正直いいまして文章を書くのは得意な方ではありません。

ビジネス文章なら会社生活も長いので、ある程度は慣れていますが、出会い系で女性の気を引く文章となるとなかなか勝手が違います。

しかし、2003年からラブサーチを利用し多くのメッセージを書くうちに、冒頭で述べた通り年に5名~10名の女性と出会えるようになりました。

始めた当時は、送っても送ってもなかなか返信がもらえず...たまに返信がもらえても、その後がなかなか続かずに、気が付くと自然消滅な状態になり、自分の魅力(文才)のなさを恨んだものです。

それでも諦めず根気よく続けると、半年を超えたくらいから、返信をもらえる頻度が少しずつ上がってきて、しかも、大量のメッセージ送信する時間も格段にスピードアップした実感を持てるようになりました。

今では出会い系利用歴15年以上になりましたから、効率的にメッセージ送信し、さらに、女性のタイプ別にメッセージ内容をカスタマイズすることで返信率が上がったと自負しています。

まさに「量を重ねて質が向上した」と自信をもっていえます。

理由③:最初から質の高い作業はできない(天才除く)

これは、いうまでもありませんが、最初から質のよい作業ができることなど、一部の天才を除き無理なことです。

これも、出会い系に限らず、世の中のものごと全てに当てはまると思います。

出会い系でコンスタントに成果を出せるまでの時間は、私の経験から思うに「最初の半年間は圧倒的な作業量(努力)は必須」と感じています。

作業量の継続は、質の向上に比例します。

私が思う出会い系で成果を出せる基準は以下の通りです。

  • 最初はほとんどの方が入門レベル
  • 半年経過で初心者レベル
  • 3年経過で中級者レベル
  • 5年経過で上級者レベル

まずは、半年間継続して初心者レベルを目指しましょう。

そのためには、大量の申し込みメッセージを女性のタイプ別にカスタマイズしながらコンスタントに継続するのみです。

1ヵ月や2ヵ月利用したくらいで「ラブサーチは使えない出会い系です」このような寝言言ってる時間があれば、粛々と作業しましょう。

くり返しますが、半年継続すると自然と質が伴ってきます。

作業に飽きずに「作業量を圧倒的に高める」方法

作業に飽きずに「作業量を圧倒的に高める」方法

膨大な作業は飽きます。

これは、人間なら誰しも同じです。

克服するには3つほどコツがあります。

以下のとおりです。

  • その①:先に投資する
  • その②:エロパワーに頼る
  • その③:日課にする

それぞれ説明します。

その①:先に投資する

世の中には恋愛のハウツー情報が腐るほど存在します。

お手軽なところからは、恋愛ハウツー書籍です。

出会い系で成果を出すためのメッセージの書き方などは参考になる情報です。

また、このような情報はネット上でも入手できますが、無料だけあってあまり実践的なものは少ないと思います。

恋愛ハウツー系の情報商材もたくさんあります。

情報商材と聞くと怪しいイメージを抱くかもしれませんが、確かに、ゴミみたいな商材も存在するのも確かですが、非常に有益な商材だってたくさんあります。

私は、これまで書籍や情報商材に50万以上は注ぎ込みました。

ペイできたか否か、定量的には分かりませんが、自分としては悪い投資ではなかったと思っています。

その②:エロパワーに頼る

出会い系を利用する最終目的は、たくさんの魅力的な女性と充実したセックスをすることです(私の場合)

つまり、出会い系はその手段でしかありません。

とにかくセックスしたいというモチベーションで継続しました。

真剣に恋人探しや結婚相手探しを目的でラブサーチを利用する男性も多いと思います。

少なからず、愛する女性が見つかったらセックスしたい願望は絶対にあるはずです。

エロパワーは人類を豊かにしてきました...とは言いすぎかもしれませんが、モチベーションを維持するためには十分でかつ合理的な考えではないでしょうか。

その③:日課にする

人間はぞれぞれ決まったルーティーンによって生きています。

日々、面倒なことと感じつつも、ルーティーン化された作業や行動は長続きしてやがて苦痛も少なくなります。

出会い系で活動するのも現状のルーティーンに組み込んでしまうのがよいと思います。

毎日の通勤電車の中の1時間、夜寝る前の1時間、週末の午前中の1時間、など、意識と身体に染み込ませることで自然と継続できるようになります。

自分には向いていないと嘆いても、意味がない

出会い系で成功するには、ある意味マメである必要があります。

マメでない男性は少なくありませんから、自分には出会い系は向いていないと最初から嘆く人もいます。

しかし、だからと言って現状の生活で女性と出会うチャンスがありますか?

つまり、嘆いても仕方ないですし、出会い系で成果を出すのは、向き不向きは関係ありません。

大切なのは、大量のメッセージを相手の女性に合わせてカスタマイズしながら送信し続けることです。

出会い系でたくさんの女性と出会えている男性は、たぶんですが、このような法則を肌で感じているはずです。

量をこなすと、そのご褒美に魅力的な女性と出会えてセックスできることを体験していますから、まずは圧倒的な作業あるのみです。

目標は「定量的」に設定する

最後に継続して出会い系で成果を出すコツを書きます。

モチベーション維持のための目標は、必ず定量的(数値化)するとよいです。

× たくさんメッセージ送信する
〇 1週間に20人の女性にメッセージ送信する
× たくさんの女性とセックスする
〇 半年以内に2人の女性とセックスする
× 不倫相手を見つけてセックスする
〇 1年以内に不倫相手を見つけて月1回はセックスする

このように、漠然とした目標ではなく、必ず期限と量を設定することが重要です。

これ、本当に重要です。

出会い系で成果を出すこと以外でも、目標設定を定量化することは非常に大切です。

おそらくですが、目標を定量化できていない人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

おさらい

おさらい

出会い系で成果を出すには圧倒的な努力(作業量)が必要です。

最初は質よりも圧倒的な量が必要ということです。

つまり、多くの女性にカスタマイズした申し込みメッセージを送り続ける必要があります。

1ヵ月や2ヵ月で成果を出すことは非常に難しく継続あるのみです。

以上のことを詳しく説明しました。

また、継続するためのコツに関しても説明しました。

ラブサーチはサクラはもちろん業者やキャッシュバッカーが皆無です。

非常に効率よく活動できますから、圧倒的な努力をしてそのご褒美でたくさんの魅力的な女性とセックスしましょう。

ラブサーチのレビュー【失敗を回避する登録前最終確認】【マメな男性限定です!】
ラブサーチが気になる人「ラブサーチのレビューを知りたい。ラブサーチは真面目な出会い系って聞いたけど本当なのか?他の出会い系との比較や、メリット、デメリット、レビューを知りたいな。」 このページではこのよ