40代既婚男性へラブサーチで不倫のすすめ

あなた
あなた

もう何年も奥さん以外の女性とセックスしてないなぁ...

40代にもなるとなかなか出会いの機会なんてないし、風俗行くにも金はかかるし、満足感はいまいちだし。

刺激的な出会いがあれば仕事もプライベートももっと充実するはず!こころトキメク出会いないかな~

40代の既婚男性は身体の衰えは感じつつも、気持ちも下半身もまだまだヤリ盛りではないでしょうか?

奥さんとのセックスもマンネリで新鮮味もなく、奥さん以外の女性と刺激的な出会いを求めている男性も多いと思います。

しかし、仕事も忙しく時間がなかったり、そもそもどうやって女性と知り合えばいいのかも分からないのではないでしょうか?

出会い系でセフレや不倫相手を探すのが一番お手軽な方法ですが、なんとなく怪しい感じや後ろめたい気がするかもしれません。

ラブサーチは既婚者も登録可能で、あなたと同じような目的で多くの男女が登録しています。

もちろん、真面目な恋活もできますが、その一方で真面目な婚外恋愛ができる女性と出会うことも可能です。

40代既婚男性のセックス事情

まだまだヤリたい盛り

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントが、一都三県在住の 30~59 歳の男女 3,395 人を対象に「恋愛・結婚・消費」についてインターネット調査を実施した結果によると、40代既婚男性ほどモテ願望が高い結果となりました。

いくつになってもモテたいか?の問いに対して年代別、未既婚別で「Yes」と答えた割合は以下です。

結婚してもモテたい40代既婚男性

30代 40代 50代
既婚 58% 65% 46%
未婚 53% 50% 40%

この調査から、40代既婚男性が一番モテ願望が強い結果となりました。

さらに、調査レポートでは40代既婚男性の特徴として以下を挙げています。

  • 40代既婚男性は、家庭でも職場でも責任ある立場にいるので様々なストレスに直面している。
  • 子供や住宅ローンなど経済的なゆとりもなく少し人生にお疲れ気味な傾向がある。
  • プライベート時間の多くを恋人やパートナーと過ごしている。
  • 奥さんとの距離感も縮めたい傾向が強い。
  • 精神的にも肉体的にも「異性」という存在に拠りどころを求めている様子がうかがえる。

いかがでしょう?この特徴はあなたにも該当するでしょうか?

40代といえば働き盛りの年代ですから、仕事面ではある程度のポジションや、やりがいを持っているかもしれません。

その反面、ストレスも多く、残業や休日出勤もあり、時間的にも精神的にもゆとりのない日常になっていると思われます。

その反動により心の中では女性への関心が高まり、結果的に「モテたい」という願望が強くなっているのかもしれません。

「モテたい」という願望は、女性から好意を持ってもらうだけで満たされるものではなく、物理的なつながり、つまり、セックスする関係までを望んでいることは言うまでもありません。

この願望は、10代、20代の時のような、とにかく射精したい願望とは異なります。

もちろん、最終的にはセックスで射精したい願望はありますが、それに加えて精神的なつながりや癒しを求める傾向になっています。

仕事でのストレスを少しでも解消しバランスをとるために恋人が欲しいと思ったり、あるいは、家庭での存在感や奥さんとの関係がすでに男と女ではなくなってしまい、心ときめく恋人が欲しいと思うのは40代既婚男性に共通した願望だと思います。

40代男女の心と身体の変化

40代ともなると男性も女性も20代と比べて心も身体も変化しています。

体力の衰えは言うまでもありませんが、性欲だって低下しています

この原因は男性ホルモンであるテストステロンの量が20代から低下していくことによるものです。

テストステロンとは、筋肉の維持、精子の生成、勃起力の維持などに働くホルモンで、加齢によりその量は徐々に低下し、40代では20代の半分程度の量になるそうです

テストステロンの低下は加齢が原因以外にも、ストレスや不規則な食生活でも低下します。

先にも述べましたが、40代男性は会社では重要なポジションである場合も多いため多くのストレスを抱えています。

また、夜遅くまでの残業で不規則な食生活になりがちです。

これらの原因により20代の時に比べると性欲は明らかに低下しますが、いわれるほどの自覚症状は少ないのではないでしょうか?

たしかに、勃起の持続力や、とにかく射精したい願望などは20代の時ほどではないものの、心も身体も充実したセックスがしたいと強く思うようになるはずです

40代になると、いわゆるスローセックスになる傾向ですが、男性ホルモンの量と関係しているのかもしれません。

男性同様に40代女性に関しても心と身体に変化が現れます。

男性と異なるのは、20代の時よりも性欲が強くなる傾向になることです

もちろん個人差はあるものの40代でセックスに目覚める女性も少なくありません。

これには主に2つの要因があると言われています。

1つは、育児が落ち着き精神的に余裕が出るからです

子供が小さい場合、全ての関心は子供に注がれ、時間的にも余裕がなくセックスから遠ざかってしまいます。

子供が大きくなるにつれ、時間や気持ちに余裕ができ自分自身に関心が持てるようになると、夫とのセックスの頻度が上がる場合もあります。

もっとも、夫とのセックスの頻度が上がるのは少数派で、夫以外の男性に興味を抱くことの方が圧倒的に多いようです。

芸能界でも40代の不倫報道が断続的にされていますが、ごく普通の家庭の奥さんも不倫を楽しむ時代なのです。

もう1つは、加齢による女性ホルモンの低下です

男性同様に40代になると女性ホルモンの分泌量が低下します。

45歳~50歳の更年期が女性ホルモンの低下が著しく、この時期は相対的に男性ホルモンの割合が増す時期となります。

女性ホルモンが減り、結果的に男性ホルモンの割合が増えることによって性欲が増すという説があります。

ただし、性欲が増したと感じる女性もいれば、逆に性欲がまったくゼロになったという女性もいますから、二極化している印象があります。

どちらの割合が多いかは定量期には分かりませんが、少なくとも出会い系に登録している女性は性欲の強さと強い相関があると思います。

これら2つの要因以外にも、経験に比例してセックスに対して開放的な思考になっていることも挙げられます。

また、マンネリ化した夫婦生活、夫には男性を感じられない反動、逆に夫が女性として見てくれない、など、様々な要因が重なっていることが考えられます。

みんなどうしてる?

このように40代男性は「モテたい」願望が強く、心身共に充実したセックスができるパートナーを求める傾向にあります。

40代女性も子育てが終わり、気持ちも時間も余裕ができ、夫以外にときめきを求めたセックスパートナーを望む傾向にあります。

当然のことながら、このような動機の男女が巡り合えばあっという間に不倫へと突っ走るのは当然の結果です

しかし、普段の生活で不倫相手などそう簡単には見つかりません。

不倫相手の鉄板は、同じ職場の同僚や上司、取引先の関係、趣味仲間、飲み友達から発展、などはよく聞きます。

ならば自分も!と思いつつも、現実には時間もなければそのような環境でもない男性がほとんどではないでしょうか?

探偵事務所・興信所調査の浮気スナイパーの調査によると、既婚男性の42.9%が不倫経験があるという結果が出ています

感覚的にはちょっと多すぎる気もしなくはないですが、世の中の4割以上の既婚男性は不倫を楽しんでいるといえます。

出会い系で不倫相手探し

実際に不倫相手を探したくても、ある日突然現れるわけではありません。

職場など身の回りに好意を持っている女性がいたとしても口説いて成功する確証などありません。

職場の飲み会などで口説いたとしても、もし、女性にその気がなければセクハラで一発アウトです。

そうなると、一番手っ取り早いのが出会い系で探すことになります。

幸いにも現在の出会い系業界はサクラ満開ボッタクリサイトが横行していた時代とは比べ物にならないくらい出会えるサイトやアプリが存在します。

しかし、出会い系アプリに関しては、悪質なアプリも多いので注意が必要です。

ラブサーチは既婚男性や既婚女性にとって、不倫パートナーを探しやすい出会い系の1つです。

もちろん、独身の男女が婚活恋活目的でも利用できますが、独身既婚、婚活、恋活、不倫など様々な出会いのニーズに答えてくれる唯一の出会い系だといえます。

なぜ既婚女性は出会い系を利用する?

既婚女性が出会い系を利用する動機としては以下が挙げられます。

  • 夫以外の男性とトキメキたいから
  • 退屈な生活に刺激がほしいから
  • セックスレスで欲求不満だから
  • 離婚間近で次のパートナーを探すため

これらの女性のうち、離婚後のパートナー探し以外の動機では、共通して家庭を壊すつもりはまったくありません。

プロフィールに家庭を壊すつもりはないことを明記している女性だっています。

実際に会ってみても、ほとんどの女性は割り切った考えで利用しています

月に1回か2回程度、楽しく食事して、楽しく会話して、そして、思い切ってセックスを楽しむという考えの女性が多く登録しています。

出会い系に登録している既婚女性の特徴

ラブサーチに登録している既婚女性の特徴を以下に挙げます。

  • 比較的短期間のメッセージ交換で会える
  • 会ってからセックスするまでの期間が短い
  • 家庭は壊すつもりはまったくない
  • 都合のいい男性を探している

既婚女性が出会い系を利用する時点で実際に会うことを目的としています。

時々、メル友のみ募集という女性もいますが、ごく少数です。

人生経験も積んでいますから、メッセージ交換後、比較的短期間で会える場合が多いです

過去の経験では早ければ2週間、遅くても1カ月以内には会える場合がほとんどです。

しかし、申し込みメッセージを送っても必ず返信があるとは限りません。

むしろ、返信はなかなかもらえないと思ってください。

相手の既婚女性も誰でもいいなどとは思ってませんから、人気の女性ほど返信をもらうのは難しくなります。

それから、既婚女性は万が一知り合いが登録している場合も考え、プロフ写真は掲載していません。

メッセージ交換後も写真はもらえないと思った方がよいでしょう。

写真を催促すると印象を悪くする可能性があるため、できれば催促しない方が会える可能性が高まります。

本人写真を確認しないまま実際に会うのは非常にリスクがあり、ほとんどの場合は期待以上の女性は現れません。

勝手に期待値を上げれば上げるほど、実物とのギャップが大きくなり落胆します。

過度な期待はせずに利用することが重要です。

気長に根気よく利用し続けるのが成功への近道です

おさらい

40代既婚男性は他の年代と比べ「モテたい」願望が非常に強いです。

モテたいとは、単に好意を持ってもらうだけはなく、最終的にはセックスしたい願望です

一方で、加齢によって男性ホルモンが減り性欲が低下する年代でもあります。

仕事や家庭など多くのストレスを抱え、また、多忙によりなかなか時間も作れず心身共に余裕のない状況に置かれている男性も多いです。

その反動から、射精したいだけのセックスではなく、心も癒されるようなセックスを強く望むようになります。

結果として、不倫相手を探したい願望が膨らむのです。

一方、40代既婚女性は性欲が強まる場合と、まったく興味がなくなる場合とに二極化します。

夫以外のパートナーを求める40代の既婚女性のほとんどは、家庭を壊すつもりはまったくありません。

ときどき、非日常の体験ができ、若いころのようなときめきと、思いっきりセックスが楽しめればそれでよいという考えなのです。

心と身体の癒しを求めて不倫パートナーを探す男性と、日常に少しの刺激を求める女性とが、出会い系を通じて出会うことができるいい時代なのです。

ラブサーチはこのような出会いのニーズに合致した出会い系で、多くの既婚男女が登録しています。

しかし、「すぐにヤラせてくれる既婚女性とすぐに出会える」などという過度な期待はしないでください。

登録してすぐに女性からメッセージの返信がもらえるほど簡単ではありませんが、気長に根気よく利用し続けることで出会える可能性は十分にあります。

ラブサーチで不倫パートナーと出会い、健全なる不倫生活をおすすめします。