セックスレスで悩む既婚男性がラブサーチで不倫相手探し

あなた
あなた

うちの夫婦は長年セックスレス。

いつも奥さんに拒絶されます。

拒絶されるたびに悲しい気持ちと絶望感に心が折れます。

せめて、他の女性と定期的にセックスできれば心が安らぐのに。

このモヤモヤした気持ち、どうにかしたい!

セックスレスで悩んでいる既婚男性は多いようです。

あなたも、いつも奥さんに拒絶されて絶望感に心折れていませんか?

そんな悩みを少しでも軽くするためにラブサーチで心安らぐセフレや不倫相手探しをおすすめします。

少しでも楽になれれば、奥さんや子供にも優しくなれますし、仕事の効率も上がるでしょうし、何よりもあなたの精神衛生が向上するはずです。

日本はセックスレス大国

 セックスレスの定義

セックスレスにはきちんとした定義があります。

日本性科学会が1994年に定義したところによると、セックスレスは以下のように定義されています。

「セックスレス」とは「特別な事情がないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシュアル・コンタクトが1ヶ月以上ないこと」を指します。

定義の中の「セクシュアル・コンタクト」には、キス、ペッティング、裸でのベッドインなども含まれます。

新婚でもない限り1カ月以上セックスしない夫婦なんて山のようにいるんじゃないかと想像してしまいます。

「セクシュアル・コンタクト」とひとことで言っても様々な状況が考えられます。

「挿入はないが、愛撫はお互いしている」や「手や口でオーガズムのみしている」や「ハグやキス、ボディータッチ程度はある」あるいは「物理的な接触は一切ない」などなど。

状況は様々であり、同じ夫婦でも時期や時間の経過と共に変化することもあるでしょう。

セックスレスの定義では1ヶ月とあるものの、あなた、あるいは奥さんのどちらか一方が、もっとセックスしたいのに相手が応じてくれない状態が慢性的、断続的に続いているのであればセックスレスだと言えます。

中には、夫婦共に相手とのセックスに一切関心がない状態になっている場合だったあると思います。

諸外国との比較

nippon.comが既婚者1025人に対して過去1カ月間のセックス回数を聞いたところ、「1回」が17.1%、「2回」9.0%、「3回」5.9%、「4回」5.6%、「5回以上」6.1%という結果になりました。

一方、男性の53.4%、女性の48.8%が「しなかった」と回答しました。

「しなかった」の割合は14年の第7回調査に比べ、男性が5.1ポイント増、女性は1.3ポイント減で、男性のセックスレス化が進んでいるといえます。

セックスレス推移

海外の状況はどうでしょうか。

以下は、世界最大級のコンドームメーカーであるイギリスのDurex社が、定期的に行っている世界最大規模の性意識・実態調査「デュレックスグローバルセックスサーベイ」で、世界26カ国、26,000人以上を対象に「セックスの年間平均回数」の調査結果になります。

順位 年間回数
第1位 ギリシャ 164回
第2位 ブラジル 145回
第3位 ロシア 143回
第4位 ポーランド 143回
第25位 香港 82回
第26位 日本 48回

1位はギリシャで年間で164回、次いでブラジルの145回、その後にロシア、ポーランドと続きます。

注目は日本の順位です。

なんと、最下位の48回です。

ワースト2位の香港ですら82回もセックスしています。

この調査は既婚者以外も含む数字ですから、既婚者に限れば更に回数は減ると思われます。

晩婚化と共に少子高齢化の大きな原因の1つになっているのではないでしょうか。

セックスレスの原因

セックスレスの原因は、あなた、つまり夫に原因がある場合、あるいは、奥さんに原因がある場合、あるいは、そのどちらでもなく、別の原因がある場合など様々です。

疲れている

セックスは体力を使いますから、疲れが原因になることは多いです。

特に子育て中の奥さんは家事育児に追われ体力を消耗し、あなたの夜の付き合いまでとてもとても体力が持ちません。

逆に、あなたの仕事が激務で、セックスする体力など残っていない場合もあるのではないでしょうか?

明確な統計はありませんが、おそらく、あなたはセックスしたいにも関わらず、奥さんは疲れているので応じてくれないパターンが多いと思います。

時間がない

疲れている原因にも共通しますが、あなたの仕事が忙しく、帰宅は深夜。すでに奥さんは夢の中。

あるいは、奥さんは家事育児を遅い時間までこなし、深夜になってようやく終了。その頃には旦那さんは夢の中。

このように、セックスできる共通の時間が取れないことによってセックスレスになる場合もあります。

場所がない

子供が大きくなると、家の中でセックスするのが難しくなる場合があります。

夫婦、子供、それぞれ独立した部屋があればよいのですが、日本の住宅事情ではなかなか難しいのが実情です。
子供が寝静まった頃を狙っても、いつ起きてくるかドキドキしながらセックスなんてしたくないと思う奥さんも多いはずです。

また、昔ほどは少なくなりましたが、2世帯同居であればセックスするチャンスは低くなります。

ラブホテル行くにもお金がもったいないですし、ラブホテルを嫌う奥さんも少なくありません。

性欲を感じない

夫婦の時間が何年にもなると、相手に性欲を感じなくなるのは、ある程度仕方のないことかもしれません。

奥さんがあなたを男性として見れなくなったり、その逆で、あなたが奥さんを女性として見れなくなる場合があります。

これも明確な統計はありませんが、奥さんの性欲がなくなることが多いのではないでしょうか。

奥さんにセックスを拒絶されることによる弊害

あなたは奥さんとセックスしたくて仕方ないのに、いつも奥さんから拒絶され場合にどのような弊害が出るか考えてみましょう。

逆のパターン、つまり、奥さんはセックスしたいのに旦那さんが拒否するパターンはここでは割愛します。

拒絶される絶望感

あなたは奥さんとセックスしたいのに、いつも拒絶されてませんか?

拒絶されると、なんだか自分が否定された感じがし、どうして夫婦なのにセックスできないのか?と、怒りと共にひどく落ち込むのではないでしょうか。

毎回、奥さんと喧嘩になり、ひどい言葉を奥さんに浴びせたりしてませんか?

売り言葉に買い言葉、奥さんは「風俗でも何でも、他でしてきて!」なんて言い出す始末。

本当に自分は愛されているのかと不安になり、また落ち込む...

セックスの誘いをしたくても、また拒絶されるんじゃないか、また喧嘩になるんじゃないかとビクビクしながら生活してませんか?

絶望感と共に、やり場のない気分になると思います。

家族に辛く当たってしまう

こんなモヤモヤした気持ちで風俗行く気分にもなれず、行ったとしても更に悲しい気持ちになるんじゃないかと思います。

それ以前に、風俗で数万も使うお金がありません。

1回行ったら月の小遣いの半分以上が消えてなくなる男性も多いはずです。

このような、やり場のない気持ちで生活していると、奥さんには優しくなれず、子供にも当たってしまします。

奥さんに優しくできないと、ますます拒絶され、またあなたは不機嫌になり...そのくり返し。

悪循環に陥っているのではないでしょうか?

精神衛生上よくない

このような状況では、仕事のパフォーマンスも落ちますし、生活すべてにおいて悪影響が出ます。

なによりも、あなたの精神状態が安定しませんから、やがて身体に不調が出てくる場合もあります。

頭痛、下痢、めまい、疲労、などなど。

そして、その先には心身のバランスを崩し、自律神経失調症から最終的にはうつ病へと進行する男性もいるほどです。

たかがセックスレスなどとはバカにできません。

あなたにとっては大きな悩みであり、健全な生活を送る上では非常に重要であることは言うまでもありません。

簡単は解決できない

ネットで「セックスレス 解決」などで調べると、様々な情報が出てきます。

まずは、軽いスキンシップから、家事を手伝う、互いを思いやる...などなど。どれもごもっともなのですが、

すぐに解決できるとは思えません。

様々な要素と、お互いの気持ちが複雑に絡み合い、徐々にセックスレスな状況になったのですから、軽いスキン

シップを始めたところで簡単に解決なんてしません。

ラブサーチでセフレ探し

奥さんからセックスを拒絶され続け、辛い状況が続くと、いっそうのこと他に好きになれる女性ができればどんなに楽になれることかと思うはずです。

しかし、普段の生活の中で、そんな女性が簡単にできるわけありません。

職場での不倫話はよく聞きますが、自分の会社にそんな対象の女性などいないのが普通です。

いたとしてもトラブルになることを考えたらこわくて社内不倫などできないのではないでしょうか?

だからと言って、キャバクラ行くのはちょっと違いますし、そもそもキャバクラなんて興味ない男性も多いです。

このように、どうにもならない状況に追い込まれていませんか?

この状況を打破する一番の近道は出会い系で同じ境遇の不倫相手を見つけることです。

ラブサーチは既婚者も利用可能

意外かもしれませんが、ラブサーチは既婚者も登録可能です。

既婚男性が出会い系を利用する理由はいろいろあります。

奥さん以外の女性との出会いを探しているのは間違いなく、その目的は単なるセフレ探しから、離婚を視野に入れた再婚相手探しまで、様々な目的で登録しています。

セックスレスに悩み、少しでも楽になりたくて登録している男性も少なくありません。

既婚女性の目的

ラブサーチには既婚女性も多く登録しています。

都道府県別に登録女性の各種データを調査しているので参照してください。

見ての通り、全体の女性登録者の○○%が既婚女性なのです。

既婚男性ばかりが出会いを求めているのではありません。世の中の既婚女性も出会いを求めているのです。

既婚女性が出会い系を利用する理由は様々ですが、主なものを以下に挙げます。

セックスレスによる欲求不満

まさに、あなたと同じ動機です。

奥さんはセックスしたくても、旦那さんにまったくその気がない夫婦も少なくありません。

旦那さんから拒絶されることは、私たち男性が思う以上に女性は傷付くはずです。

奥さんからセックスを求めて来るなんて、羨ましいと感じると思いますが、このような夫婦も世の中にはいるのです。

実際にネット上の悩み事相談などを見ると、以下のように多くの相談が寄せられています。

あなたと同じように傷付き、やり場のない絶望感に陥っている女性が最後の手段として出会い系に登録します。

このような女性は、あなたと同じ境遇ですから、お互いの辛い気持ちを理解できるはずです。

そして、比較的短時間で深い関係になれるのです。

トキメキが欲しい

結婚生活も長くなると刺激が欲しくなるものです。それは女性も同じなのです。

空気のような存在になった旦那とは、もはや気持ちがトキメクはずもありません。

子供も手がかからなくなり、刺激のない毎日に少しだけ独身時代のような恋愛ごっこをしたいと思う女性が出会い系に登録します。

しかし、家庭を壊すことなど全く考えてなく、ほんの少しだけ非日常を体験したいという思いがあるのです。

このような女性にとって、あなたは新鮮で日常では出会うことのない存在に映ります。

欲求不満な女性と同様に比較的短時間で出会える可能性があります。

新しいパートナー探し

既に家庭は崩壊していて、離婚も秒読み段階。離婚調停中という女性もいます。

このような女性は少数派ですが、新しい人生のパートナーを早々に探す目的で登録しています。

同じように離婚を考えている男性や、独身の男性が対象になると思います。

もし、あなたも離婚を真剣に考えているのであれば話題も合うので出会いやすいかもしれません。

他の出会い系との比較

既婚者が利用できる出会い系はラブサーチ以外にも存在します。

業界大手のハッピーメールワクワクメールPCMAXなどは非常に有名で名前くらいは聞いたことがある男性も多いのではないでしょうか。

これらの出会い系は利用者数も多く、実際に出会えるのも確かなのですが、利用者が多いが故に業者やキャッシュバッカーの存在も非常に多いです。

業者やキャッシュバッカーを回避しつつ、一般女性と出会うにはコツと慣れが必要です。

出会い系初心者には少しばかり難しいかもしれません。

また、料金体系はポイント制ですが、ラブサーチは定額制です。

月額2,000円~3,980円で全ての機能を無制限に利用可能です。

追加料金等は一切発生しません。

ポイント制のほうが安く出会えると感じるかもしれませんが、あなたがよほどのイケメンでもない限り定額制のほうが安くなります。

詳しくは、「ポイント制のほうが安くすむ?それ、間違ってますよ」を参照ください。

ポイント制のほうが安くすむ?それ、間違ってますよ
出会い系サイト(アプリ)の料金体系は、のような定額制と、やに代表されるポイント制(従量課金制)の2つに大別されます。 初めて出会い系を利用する男性は「使った分だけ支払うポイント制のほうが安いし安心」って思うはずです。 しかし、そ

充実したセックスライフ

不倫相手やセフレができると最終的にはセックスレスが解決できる可能性があります。

先にも述べた通り、セックスレスの解決は非常に難しいです。

1週間や2週間で解決できるような問題ではありません。

数カ月、数年かけてようやく解決できるレベルの問題です。

解決に至ればよいですが、一生セックスレスなんてことにもなりかねません。

そのような夫婦も珍しくありません。

セックスレスを解消するには、あなたと奥さんがお互いに思いやり、時間をかけてコミュニケーションとスキンシップをとる必要があります。

決してすぐには解決などしません。

時間がかかるのです。

気持ちに余裕ができる

セフレや不倫相手ができると、少なくとも射精願望は満たされます。

風俗で射精するよりも気持ちも満たされます。

今までのような切羽詰まった状況から少しだけ解放されますから、気持ちに余裕ができます。

奥さんに優しくできる

いつも拒絶する奥さんに対して怒りの気持ちが大きくなってますが、他で射精できるようになると少しだけ優しく接することができるようになります。

そして、奥さんにセックスを求める頻度も少なくなり、喧嘩の回数も減ってきます。

徐々にですが悪循環から抜け出せる準備が整ってくるのです。

また、家事や育児なども手伝えるようになりますから、それを見ている奥さんは、あなたに対する気持ちが少しずつ変化してくるはずです。

セックスレス解消に向けて

最終的には、あなたと奥さんのセックスに対する意識は100%一致しないかもしれません。

あなたが求めるセックスの頻度に奥さんは答えられないかもしれません。

しかし、お互いが少しずつ歩み寄ることで完全なセックスレスを回避できると思います。

少なくとも、今までのような、あなたはとにかく射精したいだけ、奥さんは苦痛に耐え早く終わることを願っている、このような悲しいセックスからは脱却できるはずです。

きれい事を言うのであれば、セフレや不倫は決して許されるものではありません。

しかし、状況によっては夫婦生活を改善/充実させるきっかけになる場合もあるのです。

おさらい

日本ではセックスレスの夫婦が非常に多いです。

いつも奥さんに拒絶され、怒り、悲しみ、虚しさ、絶望感で日々悩み、やり場のない気持ちで生活している男性も少なくありません。

セックスを拒絶され、口論となり、お互い優しくなれず、奥さんは更にセックスしたくない気持ちになり、あなたは欲求不満となり更に求めてしまう...このような悪循環にハマってしまいます。

この状況を少しでも改善するために、出会い系ラブサーチで不倫セフレ探しを提案しました。

奥さん以外の女性とセックスできるようになれば、気持ちも少しは楽になり余裕が出てくるはずです。

そして、奥さんにも優しくなれ、家事育児も協力できるようになります。

あなたが変われば、奥さんも変わります。

時間はかかりますが、少しずつスキンシップを多くしてコミュニケーションを多くすることで、やがてセックスレスも改善の方向に向かうはずです。

ラブサーチは同じ境遇の既婚女性も多く登録しています。

相性が合えば、比較的短期間で出会うことも可能です。

利用料金は定額制で月額2,000円~3,980円ですべての機能が無制限に利用可能です。

ラブサーチの利用料金は?少ない出費で多くの女性と出会う
はサービス開始から現在に至るまで、男性利用料金(会費)は完全定額制で続いています。月額固定料金を支払うことで全てのサービスが利用できます。 一方、女性は完全無料で登録後に全てのサービスを利用できます。 できるだけ少ないコストで、

この金額であれば、捻出できるのではないでしょうか?

現状の辛い状況を抜け出すために、ほんの少しだけ勇気を出し行動してみてはいかがでしょうか?

きっと、未来は良い方向へ変わるはずです。